2010 年 7 月 のアーカイブ

南紀ビックファイトトーナメントvol.2

2010 年 7 月 25 日 日曜日

大会二日目

朝4時起床。

スタートフィッシングは午前5時半。

032号珍しく?スタートフィッシングに間に合いそう・・・・?

大会本部にお昼のお弁当を取りに行き、そのまま着岸。朝食タイム。

結局スタートフィッシングには間に合いませんでした・・・・・

ib0080

この日は先週も良く釣れていたキハダマグロ狙い。

潮岬の先、黒潮の本流を目指します。

キハダマグロはどこに?行ったのか・・・ナブラも鳥山も見つかりません。

途中5kg超えのシイラを加え、キハダを諦め、再びカジキ狙い。

ib0081

いい潮を見つけ流すもヒットせずそのまま12時のストップフィッシング。

周参見港に再度入港し、昨日釣ったカジキを船に乗せ、検量場所の新西宮ヨットハーバーへ向かう。

新西宮ヨットハーバーでは多くのギャラリーから拍手を受けてのお出迎え。

ib0083

ib0084

大会参加15隻中、カジキをランディングしたチームは3隻、合計5本の釣果でした。

初日にカジキを釣った他のチーム2艇が、二日目もカジキを釣り、チーム032は残念ながら3位となりました。

ib0082

ですが大会に5回参加して、4回の表彰台は凄い!としか言いようがありません。

来年は優勝狙いにいくか?2位席を奪取しにいくか?・・・・

多分どちらでもなく、皆さん思いっきり楽しんで帰るのでしょうね。

それが032号の強さだと思います。

南紀ビックファイトトーナメントvol.1

2010 年 7 月 24 日 土曜日

「032」(オミツ)号、年に一回の大イベント。。。

「南紀ビックファイトトーナメント」参戦です!

7月24日朝6時、新西宮ヨットハーバーに集合。

ib0076

周参見沖で午前7時にスタートフィッシングですが、032号は途中参戦です。

午前10時頃、白浜の沖合い8マイルあたりからトローリング開始。

水温は26.8度~27.1度

途中、沖に向くか?岸に向くか?このまま行くか?悩んだ末、岸に向く事に。

この判断が吉と出ました。

午前11時40分、左舷のショートが「ジャーッッッ」と唸りを上げ、後を見ると大きなカジキが左へ右へ飛びまくり、フックを外そうと必死の抵抗を見せる。

カジキが船に向かってジャンプ!!「やばい!!!」

すかさず船を前進させるが、リールは静まったまま・・・・3秒後

「ジャーッッッ!!!」、「よっしゃー!!!」何とかフックオフせずにカジキとのファイト開始。

ルール無しの何でも有りのこの大会、いつものスクラムが始まりました。

私がデジカメで撮った動画(見苦しく長いですが・・・お許し下さい)をご覧下さい。

カジキとファイト開始から40分経過。

抵抗も弱くなり、少しずつ船に寄ってきました。

またまたかなり見苦しく、生々しい映像です・・・・後で見ると自分でも何を言ってるのか良くわからない?興奮状態の動画・・・・恥ずかしいの一言ですが・・・・お許し下さい。

カジキランディング成功!!!

ib0077

皆で称えあい、喜びあう一瞬です。

周参見港に検量の為、入港。

ib0078

検量の結果129kgのクロカワカジキでした。

再度、出港し2本目を狙うもシイラのみ。

午後3時ストップフィッシング。

周参見港入港後、またまたいつもの風景です。笑

ib0079

いつも2位の032号。今年はマジで優勝狙います!vol.2へ続く

友との別れ

2010 年 7 月 22 日 木曜日

 昨年の11月に癌で亡くなった友人の御骨を少し分けていただき、ご家族と一緒に散骨に行ってきました。

少しの御骨とお酒、お花を海に流しました。

友の笑顔と言葉が頭をよぎります。

散骨に同意してくださったご家族に心から感謝いたします。

ib0073

ib0074

安らかにお眠り下さい。

そして本当にありがとうございました。

マカジキ ゲット!!!

2010 年 7 月 20 日 火曜日

  チーム「Free Bird」 カジキ3種目ゲット!!!です。

fish00015

「Free Bird」の釣果はクロカワカジキ4本、シロカワカジキ2本、マカジキ1本、クロマグロ1本(280kg)となりました。

カジキ全種類ゲットを目指しています。

まだまだ道のりは遠い?ですが頑張ります!

fish000162

いよいよ梅雨明け

2010 年 7 月 17 日 土曜日

  大雨の後の晴天。

一気に真夏モードでとにかく暑い・・・・

朝から作業で汗ダラダラです。

今日から3連休で海に出られる方も多いと思いますが、暑さ対策も忘れずに。

私は明日からカジキ釣りに行ってきます。