2010 年 4 月 のアーカイブ

海水魚始めます。

2010 年 4 月 30 日 金曜日

 4月30日

 以前にもお話しましたが、子供の頃から魚(金魚・鯉・熱帯魚・フナ・メダカ・etc)を飼うのが大好きで、大人になっても全く変わらず、魚を飼っているときは仕事から帰って夜中に二時間くらいボーっと水槽を眺めてても飽きないんです・・・・

これが癒される?という事なのかも知れないと最近思うようになってきました。笑

前からやりたかった「海水魚」、とうとう道具1式揃えました。

まだ魚は入れてませんが、毎日海水の濃度を測っては首を傾げています???

何も入っていない水槽を眺めていても癒されてます。そんな私を家族は変な目で見て?いると思います。

ib0039

ib0040

どんな魚入れようかな?「ニモ」or青い魚・・・・悩んでます。

最後は子供達が決めるのでしょうね。

また報告します!!!

ヨット回航&船底塗装

2010 年 4 月 26 日 月曜日

 4月26日

ありがたい話ですが、今年は作業が詰まってます。

次々に整備の船がやってきます。

年に一隻のヨットの船底塗装・etc、整備です。

私はもともとヨット乗りなので、ヨットは大好きなのですが「ヨット乗りとボート乗りは似て非なるもの」と言われる様に?ヨット乗りの方は自分で船底塗装をされる方が多いのです。

簡単なFRP修理も艤装も自分で出来る方が多く、あまり依頼はありません。

久しぶりのヨット。大きくても一人で操船できるのがヨットの良いところですね。

service00018

ティラー(舵)を持つと昔の記憶が・・・・過酷で過激なレース活動時代を思い出します。

service00019

回航も無事完了し、一平にバトンタッチです。

妥協のない仕事ぶりも、だんだんと頼もしくなってきました。

「bifore」
service00021

「after」
service00022

service00023

何とか連休前に間に合いました・・・・

service00026

カリビアンバートラム28定期整備

2010 年 4 月 25 日 日曜日

 4月25日

 毎年整備をさせていただいているカリビアン28。

今年も船底塗装・主機メンテナンス・電気配線入れ替え・マリンVHF新規取付・etcの整備のためお預かりいたしました。

まずは船底の貝落し&船底塗装。

「bifore」
service00024

service00025

「after]
service00014

service00013

「マリンVHF取付」
service00015

天候に恵まれず・・・予定より長くお預かりしてしまいました。

最後は、作業後に必ず実施している船洗いです。

service00012

service00017

service00016

永らくお待たせしました!

ご安航&好釣果をお祈りしております。

今年も面白いエピソード・・・よろしくお願いします!

魚探盗難防止対策

2010 年 4 月 17 日 土曜日

 4月17日

 快適に遊びたいはずのマイボートライフも、保管場所や地域によっては釣具や航海計器類、船外機等の盗難の被害を受け、最悪の気分になるオーナー様も多くいらっしゃると思います。

今回の依頼は、そんなオーナー様の話から始まりました。

毎年、必ず当社へ定期メンテナンスをご依頼くださるTオーナー。

明石のタコ釣り名人と紹介させていただいた事もあるオーナー様です。

昨年新たに取り付けた「魚のサイズがわかる魚探」フルノFCV-585の盗難対策。

毎回取り外して持って帰られていたのですが、ある日、カバンを海に落しそうになり、電動リール用のバッテリー等が海に沈んでしまったそうです。

その時、魚探も落しかけたのですが運よく海中に沈まずに済んだとのこと。

「もうそんな怖い思いをしたくない」、「簡単に外れないようにして欲しい」、「お金はあまりかけたくない」・・・・

現物とにらめっこ?しながらイメージをふくらませ、いくつかの企画をしました。

最終的に採用したのが、車のナンバープレートに使われている盗難防止ボルトを利用する方法です。

台座側を8mmの外ネジ、エンド部分を6mmの内ネジの特殊ボルトを製作し、盗難防止ボルト&ワッシャーにて魚探本体を固定、最後に六角ボルト部を鉛で埋め込み完了です。

service000101

service000111

写真は仮止めの写真ですが、本止めは大きめのワッシャーを目隠しに入れて角度を決めて、固定しました。

これで簡単には魚探は外せません。

ただし、台座自体がプラスチックでできている為、取ろうと思えば切ったり壊したりして外せる為、絶対ではありません。オーナー様にも説明をしましたが、「少してこずるだけでも、良いから」と採用に至りました。

これで普段のめんどくさい作業と海に落す危険はなくなりました。

バイキング43周参見へ

2010 年 4 月 5 日 月曜日

 4月3日

 朝6時にマリーナに集合。

出港準備を済ませ、氷をクラーボックスに満タンに入れて母港の泉大津マリーナをAM6:30に出港。

ib00381

本日の目的地は和歌山県周参見港。

もちろん途中、カツオを釣りながら。

初めて船に乗るゲストの為に関空橋の下を通り、間近に見える飛行機にカメラを向ける。

ib00371

10時半くらいから周参見沖でカツオの仕掛けを流しながら、だんだんと強くなる風と波に嫌な予感・・・ゲストの事も考慮して仕掛けを回収し周参見港へ向かう事に。

波は時折3mを超える感じで、向かう方向に対しては横波・・・・

風はますます吹き出し、風向きから考えるとMAXに近い波高へ。

船首にぶつかった波はフライブリッジへ叩きつけるように流れ込み一瞬にしてびしょぬれに。

少しでも揺れが少なく済むようにコースを取り、無事に?周参見港へ入港。

入港してデジカメで撮影しようと思ったら、2枚着ていたジャンパーの内側のポケットまで
浸水・・・・購入して4ヶ月目のデジカメがアウト×でした。

カツオもゲットできず、ブログに載せる写真も飛行機を最後に・・・・

でもオーナー様は久しぶりの「海」へ出る事ができ、とても満足そうでした。

早くに周参見港へ入ったので、岸壁でサビキ釣りをして、多種多様の魚をゲット!しました。

水槽で飼う魚もゲットしたので、また報告いたします。(カメラが直るまでに元気に生きていてくれるといいのですが・・・)