2008 年 10 月 のアーカイブ

バイキング43回航「その1」

2008 年 10 月 9 日 木曜日

 ブログにアップできずにいたバイキング43回航。

2ヶ月以上かかってようやくバイキング43が大阪にやって来ます。

スタートは横浜。横浜をスタートしてすぐに異常が・・・

右舷側のターボの付け根から排気漏れを発見。戻るべきかそのまま進むか・・・この
判断が今回は大きな分かれ道となりました。

今回の回航は、中古艇購入後の移動が目的でした。オーナーが直接関東の業者さんと売買契約を結び、私は大阪でのメンテナンス及び管理を任されての仕事となります。

初日は正午過ぎに横浜を出港し、目的地は下田漁港。

途中、トローリングをしながらの回航をと計画し、タックル・ルアー・すべて前もって送り込んで現地入りしました。

残念ながら、トローリングを楽しむ事は出来ませんでした。

話を戻しますが、トラブル発見後、すぐに購入した業者さんへ連絡をして判断を仰ぎました。
排気漏れの箇所を応急処置としてアルミテープで巻いて処理する様に指示を受け、そのまま下田港に入港。

画像 012

入港後、燃料補給をし応急処置の作業。

二日目は下田港から和歌山県串本港を予定して出港。

出港して2時間は順調に走り、操船をオーナーに交代して15分。

突然右のエンジンの回転が落ち、黒煙が・・・

エンジンルームを開けると、エンジンルーム内にも煙が充満しており、直ぐに右のエンジンを止め、左のエンジンのみで航行することに。

予定していた和歌山への回航は不可能となり、エンジンの状態からすぐに直るとも考えられず、一定期間保管できる場所をと考え、静岡の用宗フィッシャリーナへ向かう事としました。

マリーナまで計算では6時間。無事マリーナに入港し係留。

画像 016

購入した業者さんのメカニックの到着後、原因が判明し予想通り簡単に直る状態では

ありませんでした。

中古艇とは言え、高額な商品の引渡しの際に行うべき点検整備が十分ではなかったと

判断せざるを得ない状況は明白でした。

遊びの世界でありながら、自然相手の危険を伴うと言う仕事の厳しさを痛感しました

画像 017

用宗でお世話になった「プレデター」の青島さん。ありがとうございました!

フローティングショーinラグーナマリーナ

2008 年 10 月 6 日 月曜日

  中部地区最大のマリーナでのフローティングショーに行ってきました。

当社在庫の中古艇が1隻ラグーナマリーナに置いてあったので、その船の洗いも兼ねて行く事に。

画像 001

昔の仲間のブースへ挨拶をして、ブラブラと桟橋へ。

2007年の横浜ボートショーで注目を浴びた船の出展もありました。

画像 013

雰囲気ありますよね。こう言う遊び心のある船がもっと増えると良いのに・・・

他はあまり代わり映えしませんでした。

昔はメーカーにいてたので、メーカーの方のご苦労は良くわかるのですが、あきらかにイベント疲れ?してる様に感じます。

もっと夢のある面白いイベントは出来ないものか・・・いつか実現してみたいものです。

画像 008

ヤンマー新艇発表会

2008 年 10 月 2 日 木曜日

 10月の声を聞き、国産各メーカーは2009年モデルの新艇発表を行います。

今回はヤンマーの新艇発表会に招待され行ってきました。

場所は新西宮ヨットハーバー。全国からヤンマー特約店が招待されているようで、相当多くの業者さんが集まっていました。

画像 004

新艇の目玉商品は「HUNT24」。24ftのフィッシンッグボートでディーゼル搭載。

価格は400万円を切っての登場と言う事もあり、ヤンマーでは強く押し出して販売を促進していくようです。

画像 005

これから他のメーカーも続々とニューモデルを発表してくると思いますが、「これは!」と言う船が出てくることを期待しています。

画像 007