2008 年 7 月 のアーカイブ

キハダマグロ ゲット!!!大会二日目

2008 年 7 月 29 日 火曜日

 大会二日目。

 昨夜仕入れた「よく釣れるルアー?」を手に、今日は釣れる予感が。

何故かと言いますと、3年前のファーストマーリンの時と同じシチュエーションが再現したのです!

3年前の大会二日目、初日は乗っていたオーナーの奥さんが用事で大阪へ帰ることに。

今回も急な用事で奥さんが電車で帰ることになったのです。(奥さんごめんなさい!)

今日は初めから、昨日とは違うポイントへ行くことに。

水温より水色を重視して流す。

ヒットコールはあるものの、シイラばかり。

カジキはどこへ?と言う思いの中、潮目を流す。

8時40分頃でした、左のアウトリガーが大きく曲がり、リールが唸りを上げる!!!

ラインは止まる気配もなく出続ける!

「これは絶対にシイラじゃない!」と確信するも、カジキの姿は確認できず。

ラインは止まらず、慌ててフライブリッジより降りて確認。「これは、やばいかも?」

船を止めても、ラインは止まらない!

他のルアーをすべて回収し、ファイティングチェアーへロッドをセット。

いざファイト開始!と思いきや、今度はアングラーが間違えてドラグを緩めてしまった・・・

バッククラッシュ・・・・ラインが爆発してる。

このままじゃラインブレイクは間違いない!オーナーへ「爆発したラインを手で押さえながら巻いて!」と怒鳴る!

なんとかやり取りできるだけのラインを確保するべく、バック全開!「巻いて!!!」とまた怒鳴る。

バッククラッシュしたままの状態で、幸いにも巻くことができたので、ラインを200m程度確保するまでひたすら巻いた。

ある程度巻き終わり、再び船を前進させた。「付いていてくれ」と心で祈る。

「付いてる!」、「よっしゃー!」まだいける!!!

前進とバックを使いながら、ファイトに入る。

フライブリッジは私だけで、下ではラグビーのスクラムの様な状態。

この大会ルールでは、アングラーが途中で変わってもOK。

それでも残りのラインは500mm近くある。

約1時間後、ようやくリーダーが見えてきた!

ラインは下に潜ったまま時計回りに回りだす。「マグロや!!!」間違いない!

萩での経験が生かされる!

ラインが回って一番離れた時にラインを巻き、前に来たときは休む。

何度か繰り返し、ようやくギャフを入れた。

立派なマグロ、キハダマグロです!!!

マグロの鮮度を気にして、すぐに周参見港へ入港。氷をいっぱい詰めて、新西宮ヨットハーバーへ。

検量の結果、53kg。大会では見事2位入賞です!!

怒鳴ってすいませんでした・・・いつもの事ですがアドレナリンがしでかすんです。

まぁ釣れて良かった!!!おめでとうございます!

画像006画像009

画像011画像012

画像019画像028

画像030画像038

南紀ビックファイトトーナメント参戦!!!

2008 年 7 月 28 日 月曜日

 毎年恒例の新西宮ヨットハーバーのカジキ祭り「南紀ビッグファイトトーナメント」の参戦です!!!

昔からの飲み友達?「032(オミツ)」号での参戦です!!

思えば3年前の032号のファーストマーリンもこの大会でした。

私自身、この大会とは相性が良いのか、過去3回参加して、2回の表彰台に上がっております。

今年で4回目。

「032」号はクルーも多く、いつも賑やかなメンバーで海を楽しむのが上手な仲間が揃っています。

大会初日は、海上での途中参加。新西宮ヨットハーバーを7時に出港し、和歌山県周参見へ向かう。

田辺沖で、パヤオ??を見つけ早速キャスティング。トローリングの大会でキャスティングを迷わずするあたりが、海を楽しむ達人ですね。

シイラが入れ食い状態。ただし小さい。この大会はシイラでも5kg以上は検量の対象になるのですが・・・多分そんな事は深く考えてないでしょう。笑

少しの間、楽しんで移動する事に。今回の目的はトローリングでカジキを釣る事。

潮目を流すも、水色がどうもいまいち良くない感じ。

初日はパヤオでの釣果以外は特になし。

大会全体でもカジキは上がらず、シイラのみとなりました。

周参見港へ入港して、いつも通り皆さん泳いでリフレッシュ!!!

画像001画像002

画像003画像004

久しぶりのチーム「Free Bird」出動!!!

2008 年 7 月 14 日 月曜日

  
7月12日の早朝、久しぶりにチーム「Free Bird」が集まりました。たった3名のチームですが、カジキのカの字も知らない時から一緒に上達してきた仲間です。

今年はオーナーが年初から事業拡大&新規事業進出に伴い、分刻みのスケジュールで大変忙しく、容易に時間を作る事ができず、毎年参加していた周参見の大会も参加できずでした。

忙しい中、何とか時間が取れ大会への参加は無理でも、プライベートで海へ!と言う事になりました。

久しぶりの海はべた凪で、ホームグラウンドの周参見までの回航は快適なクルージングとなりました。

今回の行程は二日間。良い潮目を探しながらカジキを狙う!いつもの光景が妙にうれしく、新鮮に感じました。

同じくして串本ビルフィッシュトーナメントが開催されており、無線を聞きながら久しぶりの海を楽しみました。

カジキのバイトはあったものの、残念ながらファイトには至りませんでした。

それでも久しぶりの「海」を感じて、オーナーのストレスも少しは発散?された事と思います。

すさみビルフィッシュトーナメント参戦!!二日目

2008 年 7 月 8 日 火曜日

  大会二日目。

 午前5時スタートフィッシング!

海はべた凪。良い潮目を目指して沖へと船首を向ける。

無線では昨日同様、ヒットコールが多い。魚種不明のヒットコールも多く、小さければすぐにシイラとわかるはずだが、今年のシイラは少し大きいのか?

良し潮目を見つけたので、重点的に流す事に。

ヒット!!

ラインは勢いよく出るものの、カジキの姿は確認できず、最初の勢いもなくなりファイトするも残念ながらシイラ。

気を取り直して同じ潮目を流す。

ストップフィッシングまで1時間を切り、次のヒットがラストチャンスと思いながら流す。

ストップフィッシング40分前の11時20分頃、右のロングに待望のヒット!!!

ラインも勢いよく出て行く。カジキや!!!

すぐに他のルアーを回収。

バトルステーションにロッドをセットし、さぁファイト。「カジキ!間違いないよ」と声を掛ける。

突然、ロッドへのテンションがなくなる・・・痛恨のフックオフ。

思わず「ついてないね・・・」とクルーの一平もつぶやく。

残念ながら、ラストチャンスをものに出来ず大会終了。となりました。

これにめげず、次回頑張りましょう!!!お疲れ様でした。

画像024画像023

画像030画像031

すさみビルフィッシュトーナメント参戦!!!

2008 年 7 月 8 日 火曜日

 関西のトーナメント第一号である「第14回すさみビルフィッシュトーナメント」が和歌山県周参見町で開催され、98チーム・435名のエントリーとなりました。

今回我々はチーム「グルクン」で参戦いたしました!

チーム「グルクン」は昨年からトローリングを始めたばかりですが、オーナーの気持ちの入れようは凄まじく、自分でルアーを作る事までされておりました。

クルーとしても何とかファーストマーリンを!と気合を入れて望みました。

初日は、ベルポート芦屋から周参見への回航。時間があれば流そうと決めていましたが、出港時は濃霧で10m先が見えない海況でした。

速力を落としての回航となり、結局周参見に入るだけとなりました。

キャプテン会議を終え、明日に備え早めの就寝。

大会初日、無線ではヒットコールが連発、一昨年の再来?と思う程でしたが、我々の船ではヒットはあるもののシイラばかりで本命のカジキが来ないまま初日を終えました。

大会全体の初日の釣果はカジキ11本でした。

画像003画像008

画像011画像015