2008 年 3 月 のアーカイブ

ベイトリップベース紹介

2008 年 3 月 28 日 金曜日

  当社ではいつも???海に出て魚を追っかけているわけではございません。

自社開発の組立式船台「ベイトリップベース」の製造販売がもう一つの仕事です。

会社設立当初、以前から船の船台の値段が適正な価格で販売されていない実態に「何でこんなに高いねん?」と、過去の鉄鋼業勤務の知識を駆使して、様々な船台を見ては、長所・短所をチェックし、製造コスト・輸送コスト等を最低限に抑え、かつ強度を保つ事を前提に設計をしました。試作した製品の改良を重ね商品化を実現することに成功しました。

当初は言葉では言い表す事のできない程の細かい問題が山積で、一つずつ大勢の方の協力を得て解決してきました。

ベイトリップベースの発売から2年が経ち、金属価格の高騰と言う最悪の背景の中ではありますが、少しでも価格を抑え良い商品を提供して、お客様に満足をしてもらえる様に日々頑張っております。

5月には、新しい船台専用のホームページも公開できるように、現在ホームページの作成中です。

新しいホームページの公開と同時に、新製品の「ベイトリップベースα」の発売をするべく、現在モニター製品の製造を行っております。

「ベイトリップベースα」は今までの船台を更に簡易化し、最低強度を保つ設計となっており、30ftクラスの船の船台としては今までに考えられないような価格設定が可能となると思います。まだ試作段階ですが早くお客様に提供できるようにしたいと思っております。

001002003004005000

オーナー様の釣果紹介!!!

2008 年 3 月 20 日 木曜日

 今回はお客様から頂いた釣果写真や、同行しての釣果を一気にご紹介させていただきます!

 2007年「BayTripクラブ」釣果発表!!!

美味しそうな魚から大物まで、皆さんの満足そうな笑顔がたまりませんね~。

これからもどんどん紹介したいので、皆さんの釣果写真待ってます!!!

「和歌山 初鰹」
000
「沖縄 オキサワラ」
001
「沖縄 クロカワカジキ」
002
「友が島 大アジ」
005
「西宮 シーバス」
006
「明石 タコ」
008
「家島 キス」
003
「家島 アジ」
004
「九州 シロカワカジキ」
007
「大阪湾 タチウオ」
009
「大阪湾 タチウオ」
010
「大阪湾 タチウオ」
011
「大阪湾 タチウオ」
012
「明石 真鯛」
photo
「萩 マグロ」
マグロ6

2007年玄界灘ビルフィッシュトーナメント参戦記!!!

2008 年 3 月 10 日 月曜日

  前後しますが、マグロゲットに続き昨年のビルフィッシュトーナメント参戦の一部を紹介させていただきます。

チーム「Free Bird」で初の遠征となる「玄界灘ビルフィッシュトーナメント」。

この海域ではシロカジキが多いとの事前情報から、シロカジキ=でかい・・・と勝手に決め付けての参戦となりました。

九州福岡県のマリノアへの初入港。

トーナメントは二日間。初日はヒット&ファイトもむなしくラスト50mでの痛恨のフックオフ・・・

ジャンプして魚体を見せるも・・・残念。

初日の大会釣果は少なく全体でカジキ1本。

二日目は壱岐スタート。作戦会議にて決めた海域へ目指す!!!前方には暗雲が立ち込め、突然のスコール。前線に突っ込むのはいつもながら少し勇気がいります。

前線も通過し、狙った海域でルアーを流す。

海底の地形と潮を読んで流しだして40分。後方でシイラが逃げるように跳ねる!!

「何かに追われてるのかなぁ?」と思った瞬間!!!右のロングが唸りをあげる!!

ヒット!!!カジキ確認!!!

そんなに大きくない感じだが、読みが当たってのヒットに興奮する!!!二日目のファーストマリンポイントも掛かるファイトに入る。

少し遅れて他の艇にもカジキヒット!の無線コール。

慌てず確実に獲ろう!と声を掛け合い、20分ほどでランディング成功!!!

綺麗なシロカジキでした。

初のシロカジキゲットで船上で握手。本部艇が来るのを待つ事に。本部艇の撮影が終わり二本目のカジキを釣るべく再び流す。

その後はマグロのナブラを追っかけたりするも、ヒットなくストップフィッシング。

マリノアへ帰港。

検量の結果、61.5kgのシロカジキ。ファーストマリーンポイントも入り、第2位となりました。

初参戦で入賞。うれしい限り! オーナーお疲れ様です!!!そしておめでとうございます!!!

「壱岐入港」
000
「スタートフィッシング」
001
「シロカジキゲット」
002
「表彰台」
003
「表彰式&親善パーティ」
004
「第2位表彰式!!!」
005

ボートショー2008in横浜!!!

2008 年 3 月 10 日 月曜日

 今年も行ってまいりました!国際ボートショーin横浜。

まずは同時開催の中古艇フェアの会場へ

「ベイトリップベース」のカタログを持って、当社のアピール&営業活動はかかせません。
皆さんお忙しい中、丁寧な対応をして頂き、なんと御見積もりの依頼までありました。

中古艇フェアの会場の向かい側には、昨年から始まった、大型艇の海上係留ブース。

出展数も増え盛況な様子でした。今回の目玉(私にとってのですが)は何と言ってもアルベマーレ360。

海上に並ぶ豪華な各艇の中でもひときわ目立つ存在です。(これも私にとっては・・・です)

Examples Of Things To Say To Girlfriend Back 真を撮りまくり、すべてのハッチを開け、じっくりと見させてもらいました!

やっぱり、カッコいいわ。アルベマーレ!!!値段もビックリするくらい高いですが・・・

「いつか必ずアルベマーレのオーナーになりたい!」とカタログを肌身離さず持ってから早くも10年・・・まだまだ買えそうもありません。仕事柄乗ることはあるので、今はそれだけだけでも満足せねば。

私情の入った話が長くなりましたが、横浜入りの初日は海上ブースで時間切れとなりました。

2日目は開場を待って、まずは陸上展示会場へ。

航海計器メーカーが最新の機器を展示するとの事前情報から、まずは航海計器のブースを見学。3D画像のフルノのナブネットには人だかりが出来ていました。

今回のボートショーでは、当社の今後を見据えた見学をテーマにしていました。

ユニークな商品・便利なアイテム等、自社製品に取り組む様な素材探しと言えば聞こえが良すぎますが、基本的に物作りが好きな私にとっては「こんな物を、これくらいの価格で」をモットーに色々と開発していきたいと思います。乞うご期待!!!

ここで少し宣伝をさせて頂きます!!!

今回のボートショーでは当社自社開発の組立式船台「ベイトリップベース」のM-01とSS-01の展示をいたしました!!!とは言っても船台としての出展ではありませんが・・・
それでも会場で自分の開発した商品が、誇らしげに?新艇を搭載している姿を見て、何とも言えない気持ちになりました。

陸上展示会場では、昔ながらのメーカーから、少し変わったレアメタルの会社まで、関西では見れない様な商品がたくさんあり、非常に勉強になります。

今年はエンジンメーカーの出展も多く、エンジン用のベイトリップベースの開発も以前から考えており、今年中には企画及び試作を終わらせよう!と思いました。

とは言っても目が行くのはやっぱり自分の好きなものばかりですね。写真を後で見ると良~くわかります。笑

最後にもう一度アルベマーレを見に行って、今回のボートショー視察は終わりとなりました。
「大型艇海上展示ブース」
1
「大型艇海上展示ブース2」
2
「アルベマーレ360エキスプレスフィッシャー」
3
「2日目、ボートショー開場!」
4
「ベイトリップベースM-01」
マグロ05
「ウッドボート」
6
「ロッド&リールまとめ買い」
7

Examples Of Things To Say To Girlfriend Back