‘ベイトリップベース&船台’ カテゴリーのアーカイブ

マリンカタログが完成しました。

2014 年 3 月 4 日 火曜日

平成18年に垣本鉄工マリン部を立ち上げて初めて作った、たった2ページのベイトリップベースカタログから8年。
30ページとまだまだ少ない商品ラインナップですが、初めて作ったカタログのデザインを復刻版でよみがえらせてマリンカタログとさせていただきました。

昨年の11月から作成にかかり、今日やっと出来上がりました。
毎度のことながら手作り感いっぱいの不出来なカタログですが、商品を少しでもわかりやすくすることを心がけて作りました。

マリン業界に入って17年が経ちますが、最初に感じた『なんで?』を少しでもなくそうと独立し、何度もくじけそうになりながら適正価格を追求してまいりました。まだまだ、もっともっと追い求めないといけないのはわかってますが今日はちょっとだけホッとしています。

私のブログを読んでいただいている皆様には必ずこのカタログをお渡しいたします。

本当は出来上がって一番に手渡しして報告しないといけない方々が沢山居てくれるのですが、すいません。。。
先に横浜へ持っていきます。

もう気持ちは次のカタログです。

20140303-235333.jpg

ベイトリップカタログは当然無料です。笑
欲しい方はメールでも電話でもなんでもいいので遠慮なく連絡ください!

お買い得感いっぱいの係船グッズや、船には積んでおきたい便利なアイテムが載ってます。

中古船台情報

2014 年 1 月 10 日 金曜日

正月休みだけはたっぷりとあるベイトリップです。

1月8日より通常業務を開始しておりますが、開始早々、一平が風邪でダウンです。

横浜のボートショーへ向けての準備もすでに始まっております。

去年から中古船台の数もかなり溜まり、再生(補修)待ちの中古船台が山積みになっています。

中古船台情報も今年からタイムリーにご案内できるようにしていきたいと思います。

今年の第一弾は、ベイトリップベースS−01(亜鉛メッキ仕様、前輪自在式)の中古船台です。
組立式ですが、現状の組立済みの状態での販売価格となります。

中古船台Sサイズメッキ

販売価格は158,000円(税込、輸送費別)です。

なかなか出てこないメッキ仕様・前輪自在式バージョンです。

搭載対応サイズは18ft〜27ftまで。

詳しくは弊社ベイトリップベースのホームページの製品情報を参照ください。

お盆も終わり通常業務に入ります。

2013 年 8 月 20 日 火曜日

今年は台風来ませんね。
正直ビビってます。季節外れの大型台風が9月、10月にこぞって来そうで・・・

今から心の準備だけはしておきます!

今年から製作開始した、ヨット船台の方も色々なパターンで作らせていただいております。
コストパフォーマンスを追求した上で、いかに良い船台を設計するのか?
しかし規格サイズの幅が広すぎる・・・

IMG_3518

IMG_3521

ヨット船台製作「Farr 34ft」

2013 年 7 月 15 日 月曜日

 連日の猛暑の中、今日は朝から恵みの雨。
ビショ濡れは変わりないですが、猛烈な日射しが無い分、少しだけマシに感じました。

今年から本格的に製作を始めたヨット船台。
私の頭の中にある沢山のイメージプランの中から今回チョイスしたのは、調整箇所を最小限にし、使用した部材強度を最大限に活かした固定式ヨット船台。
高さ調整可能なハル受け支柱と流線型のヨットハルに対応する為に設計された角度の変わるダブルハル受けでヨットのハルにピッタリと密着し、キール受けは木材の厚みで高さの微調整を行うことが可能です。

いつもながら自分の設計した船台に船を搭載する時の緊張感はかなり苦しみを伴います。その分上手くいった時の喜びと安堵感は相当です。
昨日の夜は寝ながら搭載イメージを繰り返し、寸法に追われる夢を見ました。(笑)
私がモノ作りをしている限り永遠に続くことなのでしょうね・・・

IMG_3180

IMG_3185

IMG_3177

IMG_3178

船台改造

2013 年 6 月 2 日 日曜日

マリーナの移動に伴い上下架方法や牽引方法が変わることがほとんどです。

それに伴い多少の改造が必要になってきます。元々の仕様によって改造範囲は変わってきますが、今回の船台は元がかなり特殊な船台の為、難しかったです。
私がいつも考えるのは費用対効果です。予算を考えないでいいのであれば簡単ですが、いかに無駄な作業をせずに最小限の費用で必要な改造を手がけるか?これが難しいことで、その判断を出来ることが私の得意技?というべきなのでしょうか?
ただ費用対効果といっても私のせこい金銭感覚でのことなので、お客様にとってはどうでもいい場合もあり、たまに怒られます・・・笑

話がそれましたが、40ftを超える大型艇の場合、船台を新品で製作すると仕様によっては100万円くらい軽く超えてきます。
改造費10万円〜20万円程度で安心して使えるならそれが一番だと思います。

とりあえず船台を見つめながらイメージした形までもう少しです。
改造完成後にまた写真アップします。