新商品「インターコム・インフレータブル・フェンダー」発売開始します。

2014 年 1 月 23 日

 「これは買っといて損はないで!」と自信を持って紹介できる商品ばかりを取り揃える店をすることが今も変わらず私の小さな夢です。

マリン業界に入り早いもので16年が経ちました。入った当初から「なんでこれがこんなに高いの?」???マークだらけの業界でした。

今も厳しいご指摘を受ける事は多くあります。
そんなマリン業界でも、適正価格の物作りをモットーにした船台メーカーとして、少しずつ前進できたのでは?と思えるようになりました。

前置き長いですがもう少しアピールさせてください・・・笑
一昨年からベイトリップで取扱を開始した「TOPWATER・インターコムマリン」社の係船用品。
掲げるコンセプトは「国際標準価格の商品開発」です。「適正価格の物作り」を掲げ、船台メーカーとして守り続けたコンセプトとよく似ていると感じ取扱いを始めたブランドです。
決して安物を売っている訳ではありません。
ユーザー目線で販売価格と商品価値が納得できる物であるか?を徹底的に追い求めた商品のラインナップになっています。

IFfender03

IFfender04

IFfender05

IFfender06

IFfender07

新商品「インターコム・インフレータブル・フェンダー」は「買っといて損はないで!」と自信を持って言える商品です。

防弾チョッキにも使うケプラー素材を使用した、頑強な材質で構成されており、漁港などの岸壁への接岸時、貝殻による表面の切れや、破れに強く、波の衝撃にも負けない作りになっています。必要な時だけ簡易エアーポンプですぐにふくらみ(1分前後)、必要のない時は折り畳んで収納しておけることもこのフェンダーの優れた特徴です。
遠方への回航などの場合、今まではかさばるスチロバールフェンダーを高い運賃を払って前もって送っていたのも最小限に抑え、なおかつ船には優しい。それから注目すべきはその価格です。

国際標準価格から見比べても、半値に近い(海外からの送料やTAXを考慮した場合)設定価格となっています。
インターコムマリン社の徹底した工場のコスト管理と、海外への多くの販売網を持つ強みがなせる技でしょう。

2月初めには最初のロットが入荷される見込みですが、すでに多くのマリンショップの方からの評価もいただき、先行ご予約もいただいております。

3月5日からパシフィコ横浜で開催される「インターナショナルボートショー2014」でも展示販売する予定です。
是非、手に取って確かめてみてください。

業務艇でもレジャー艇でも、軽くて丈夫な大型フェンダーは欲しいアイテムの一つです。

価格をご案内します。

●タイプⅠ 410mm×680mm(ネイビーカラー)  19,800円(税別)
インターコムオリジナルサイズ(別売りでソフト/ハードカバーの設定もございます)

●タイプⅡ 450mm×680mm(ネイビーカラー)  21,800円(税別)
スチロバールフロートK100サイズ(従来のオレンジ色のイカダ用K100同サイズです。別売りでソフト/ハードカバーの設定もございます)

●タイプⅢ 560mm×820mm(ネイビーカラー)  34,000円(税別)このサイズから生地が厚くなるためコストが高くなります。
スチロバールフロートK200サイズ(従来のオレンジ色のイカダ用K200同サイズです。別売りでソフト/ハードカバーの設定もございます)

●タイプⅣ 450mm×1060mm(ネイビーカラー) 24,000円(税別) このサイズは横長サイズで大型艇(50ftクラスにも対応します)
このサイズのみ対応のカバーを現在製造しておりません。

●エアー注入用ポンプも販売予定です。

見た目・耐久性・使いやすさ・価格、どこからみても自信作です!

コメントをどうぞ